批糠(ひこう)性脱毛症は生活習慣を改善し、医師から処方された薬を飲めば治ります!

批糠(ひこう)性脱毛症 とは、頭皮からフケのような白いものが出て毛穴を塞いでしまうことから毛が抜けてしまう症状です。このフケのようなものは粉や塊である場合と、ねばねばした脂気のある場合があります。アレルギー体質の人がなりやすい症状とみられています。かきむしったりすると悪化したり炎症を起こしてしまう恐れがあるのでくれぐれも気をつけなければいけません。原因は多々考えられますが、1つはホルモン異常です。女性の身体は男性ホルモンのほうが女性ホルモンより多いですが、ストレスや健康状態の悪化などによって男性ホルモンが増加することで批糠(ひこう)性脱毛症が起きる場合があります。バランスのとれた食事を行っていない場合にもこの症状が出ることがあります。ストレスをためないよう、十分な睡眠時間を確保し、適度な運動を心がけ悩みがある場合は友人や恋人、家族など信頼できる人に打ち明けてみるといいでしょう。不摂生をしないことも大切です。ビタミンBには皮脂を抑える働きがあるため、この症状が出てしまった場合は意識して接種するようにすると良いでしょう。また、洗浄力の高いシャンプーは皮膚や毛穴に過度な刺激を与えてしまい、症状を悪化させてしまう恐れがあります。刺激が少なく敏感肌の人でも使えるようなシャンプーに切り替えましょう。自分の力だけで治そうとはせず、医師に診断を受け処方された薬を飲むことも大切です。症状が出始めたら早い段階で病院に行くことをお勧めします。