若い女性の薄毛の原因に多い牽引性脱毛症の原因と改善方法

今の時代若い女性でも薄毛に悩む人は多くいます。
女性の薄毛にも様々な原因があります。
ストレス等による円形脱毛症、頭皮の状態が悪い事によって起こる薄毛。
ホルモンバランスが乱れる事も薄毛の原因となります。
様々な女性の薄毛の中でも特に多いのが牽引性脱毛症なのです。

・牽引性脱毛症ってどんな事
薄毛の原因は様々ありますが、若い女性の薄毛の原因で多いのが牽引性脱毛症です。
これは簡単に言うと、髪が引っ張られる事によって薄毛になってしまう事です。
いつも同じ部分の髪が引っ張られると、頭皮や髪に負担が大きくかかってしまいます。
そのせいで髪をキープする力が弱まったり、引っ張られる事によって抜け毛が多くなるのです。
また、常に負担があるせいで血行が悪くなり発毛が出来ない頭皮の環境にもなるのです。

・紫外線も薄毛の原因の一つ
牽引性脱毛症の問題は他にもあります。
いつも同じ髪型ですと、髪型の分け目も大体毎日同じ場所です。
同じ場所がいつも紫外線に晒される事になるのです。
紫外線は頭皮にダメージを与えます。
その紫外線によるダメージでも薄毛は進行してしまうのです。

・牽引性脱毛症を改善するには
牽引性脱毛症を改善するのに一番良い方法は、髪型を変える事です。
毎日同じ部分に負担がかかるせいで牽引性脱毛症になるのです。
なので髪型を変えて、いつも負担がかかっている頭皮から負担を無くす事が大事なのです。
また、髪が引っ張られる事によって血行が悪くなっている事も原因の一つです。
頭皮マッサージや育毛剤等で頭皮の血行を促進すれば牽引性脱毛症は改善する事が出来ます。